display:grid; を使ってCSSのみでタイルレイアウトを実装する

  • 2017.10.07
  • CSS

display:grid;プロパティを使うと、CSSのみでタイルレイアウトを実装することが可能です。
display:flex; でもグリッドレイアウトは可能ですが、display:grid;とdisplay:flex;の違いをざっくり言うと、flexレイアウトは方向のレイアウトを指定するのに対し、gridレイアウトは縦横に指定できることです。
以下はそのサンプルです。

See the Pen display:grid; を使ったタイルレイアウト by ponzu (@ponzu) on CodePen.

グリッドレイアウトで主に使うCSSプロパティ

上記のサンプルで使われているプロパティについて説明します。

grid-gap グリッドの余白
grid-template-columns グリッドの横幅
grid-template-rows グリッドの縦幅
grid-column ボックスの横配置
grid-row ボックスの縦配置

グリッド番号の指定方法


グリッドの番号は図の赤い番号を参考にしてください。
ボックスの長さの指定は、以下のようにグリッドの番号で指定しています。

.large-1 {
  grid-column: 1 / 3;  /*ボックスの横の長さを1番目のグリッドから3番目のグリッドまで*/
  grid-row: 1 / 3; /*ボックスの縦の長さを1番目のグリッドから3番目のグリッドまで*/
}

CSS

実際のCSSは以下のようになります。
grid-template-columns: 1fr 1fr 1fr 1fr;
の「fr」という単位での指定は、display: grid;で指定した領域内に占める比率で指定しています。

.wrap {
  display: grid;
  grid-gap: 10px;
  grid-template-columns: 1fr 1fr 1fr 1fr;
  grid-template-rows: auto;
}
.box {
  background: #eee;
  padding: 20px;
  border: 2px solid #ccc;
  font-size:13px;
}
.large-1 {
  grid-column: 1 / 3;
  grid-row: 1 / 3;
}
.large-2 {
  grid-column: 3 / 5;
}
.large-3 {
  grid-column: 4 / 5;
  grid-row: 3 / 5;
}
.large-4 {
  grid-column: 2 / 4;
}
@media (max-width:400px) {
  .wrap {
    grid-template-columns: 1fr 1fr;
    grid-template-rows: auto;
  }
  .large-1 , .large-2 , .large-3 , .large-4 {
    grid-column: 1/3;
    grid-row: auto;
  }
}